×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

絵師紹介:Rifyu様

 

名前 Rifyu
ソフト Retas Studio

 

Rifyu様の作品はPixivしか発表しませんけど、多く人気を取って、大歓迎されます。彼の創造方向は主に4コマ、たまには漫画を投稿します。絵柄は華麗とは言えませんが、創意とアイデアが絵柄の不足分を相殺して、読者に満足されました。キャラの真に迫った活動を表現するより、Rifyu様が対話に強調します。内容に関して、紳士っぽい、エロい、ギャグいっぱい。これ等を結びつけると、最高の滑稽を創って、読者に腹筋崩壊させて、「Rifyuユーモア」を生まれました。

 

Rifyu様、これからもっとRifyuユーモアを創って、私たちに心から笑いさせてくださいね。  

 


インタビュー

日付:2010/09/10


 

vermilion Rifyu様
疑問の藍 回答の黒

 


「Rifyu様自身」


 

◆貴方のPN「Rifyu」の由来を教えてください。

本名の中にr,i,f,y,uの文字を取って、「Rifyu」に成りました。

 

◆貴方はいつ頃から描き始めましたか?

小学生の頃からです。母は漫画家のアシスタントだったそうですが、特に話の内容は影響を受けていません。ただ、漫画を描くことに抵抗のない環境にありました。

 

◆どの作家が貴方に一番大きな影響を与えましたか?

プロの方ですと、鳥山明
鳥山 明(とりやま あきら、1955年4月5日 - )は、日本の漫画家、キャラクターデザイナー。代表作『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』はいずれもテレビアニメ化された。『ドラゴンボール』は2008年時点で単行本42巻と完全版34巻を合わせて1億5000万部以上、全世界で3億5000万部を超えるヒット作となります。
先生や高屋良樹
高屋 良樹(たかや よしき、1960年2月21日 - )A型、漫画家。秋田県出身。千葉県柏市在住。 旧ペンネームはちみもりを。高屋良樹もペンネームであり、本名ではない。 ちみもりを名義で「レモンピープル」(あまとりあ社)1983年1月号にて『明日なき世界・♂なき人類』でデビュー。「漫画ブリッコ」(白夜書房)や「プチアップルパイ」(徳間書店)などにも作品を発表していた。
先生です。よく真似して描いていましたので、血肉化しているとは思います。

 

◆貴方が一番好きなキャラは誰ですか?

最近だとストライクウィッチーズ

STRIKE WITCHES、島田フミカネ及びProjekt Kagonish原作・角川書店企画のメディアミックス作品。コラム、漫画、小説、アニメーション作品で展開されている。
宮藤さん
ストライクウィッチーズの第一主人公,宮藤芳佳(みやふじ よしか)のことです。
。一見呆けているようでも、結構きついこと言ってくる、今までにないキャラクターだと思います。あ、デュラララ

DURARARA!!、成田良悟による日本のライトノベル。イラストはヤスダスズヒトが担当している。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より、2004年4月から既刊8巻(2010年6月10日現在)が刊行されている。
製薬会社のお姉ちゃん

矢霧製薬の重役、矢霧波江(やぎり なみえ)のことです。
も好きです、弟のためなら人が死んでいても動じないところとか。宮藤さんはうみねこが終わったら描くかもしれないです。

 

◆描いていて、楽しいと思うところはどのあたりですか?

描いているときはあまり楽しくないです。アイデアが思いついたときが一番楽しいです

 

◆貴方が描くことを続ける他の理由は何ですか?

やはり多くの人が読んでいることが大きいと思います。しかし、アイデアについては自分との戦いかと思います。

 

◆「大きい」とはどういった意味ですか?

理由として大きく含むということです。

 

◆読者のために描くことを続ける、という感じでしょうか?

そう言うと身も蓋もないですが、近いと思います。

 

◆描いていて大変なところはありますか?

アイデアです。次に描くものも決まっていないです。

 

◆アイデアが無いときには、貴方はどうするんですか?

Amazonで買い物をして気を紛らわします。アイデアは寝ている時や電車に乗っている時に出てきます。それ以外はアニメを観ます。最近だとストライクウィッチーズですね。

 


「描く技術」


 

◆貴方はSAI、GIMPとNekoPaintを使うようですね。なぜそれらを使用するのかを教えてくれませんか。 
SAI、GIMP、NekoPaintについてはお金が無い時に使っていました。今はRetas Studio

RETAS STUDIO(レタススタジオ)は、株式会社セルシスのアニメーション制作ソフトウェアスイート。旧称はRETAS!(レタス、Revolutionary Engineering Total Animation System)で同社の登録商標。

ソフトウェアごとに個別の販売も行っていた。『RETAS! LITE Debut』(現在は販売終了している)のパッケージによると、デジタル環境で制作しているアニメの90%以上がRETAS!を用いて制作されている。

を使っています。線画を鉛筆で描いた後、スキャニングして二値化し、色塗りに使います。Retasはアニメ制作用のツールなのですが、とても使いやすいです。

 

◆今後はPhotoShopのようなツールを導入しますか?

PhotoShopを買うお金があったら、CDプレイヤーを買います。iPodは小さいのを持っていますが、CDプレイヤーが欲しいです。

 

◆漫画制作に関して、作業工程を教えてください。

4コマ漫画の場合は、下描きに1時間強、清書に1時間弱、色塗りに1時間弱、です。

 

Highslide JS Highslide JS
1:下描きの段階になります 2:下描きをトレースして清書を仕上げます
Highslide JS Highslide JS
3:スキャンして二値化します  4:色を塗って完成です 

 

◆絵を描く際、特に気をつけていることを教えてください。

時間ですかね。あんまりだらだらやっているともったいないですから。1コマあたり15分で仕上げる、というように目標を立てています。今年中にうみねこ300本、合計450本を目指したいです。

 

◆貴方にとって、描くことの原則は何ですか?

精神というか、人は学んだこと以上のことを表現できないので、常に何かを学びたいですね。最近だとストライクウィッチーズに新しいものを感じました。ストライクウィッチーズの8話「君を忘れない」という作品ですが、戦争で彼を亡くしたミーナ中佐

ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ(Minna-Dietlinde Wilcke)、所属はカールスラント空軍JG3航空団司令、階級は中佐。「STRIKE WITCHES」の隊長。なんでもそつなくこなせるが、特に歌が得意。幼少のころから歌手を目指していたが、戦争のために断念し、ウィッチになる道を選んだ。
が、また戦場で人を失うことを恐れるあまり、男子から手紙を受け取らない厳しい規則を作ります。でもそれが間違いだと気づくんですね。決して彼のことを忘れてはいけなかったと。最後に、彼から数年越しに受け取ったドレスを着て、ドイツの唄を歌います。その唄の和訳を脚本役の鈴木貴昭自身が行っています。ここに一番感動しました。私はストライクウィッチーズの最終回だと思っています。

技術というか、速く仕上げるためにトレース台を使っています。下描きを清書する際に使います。消しゴムはAIR-IN

プラスステーショナリーの製品。消字性能と消費・劣化のバランスの良さから、FOAM-ERASERと並び人気を呼んでいるが、プラスステーショナリーが本来オフィス向け大量受注専門の企業であるため取り扱う店舗が少ない。
というよく消えるやつです。
◆他の消しゴムはダメですか?MONO

トンボ鉛筆の製品。学習・事務といった日常のさまざまなシーンにおいて使われている、日本における消しゴムの代表格。
とか。
MONOはすぐこわれるので駄目だと思います。

 

◆今後はどういった創作活動に挑戦しますか?

漫画だけじゃなく、ゲームとか小説とか何でもやりたいです。

 

◆ラノベ作家とか?

ライト小説よりもライトなものがいいかもしれませんね。

「キャラ設定」


 

◆貴方は主に4コマを描きますね、なぜ4コマですか?

Pixivに来る人たちは常に時間に追われています。ですからすぐに読める媒体が好ましいと思います。でも本当は長いものも描きたいです。

 

最近、貴方のテーマは「うみねこ

同人サークルである07th Expansionが製作している同人ゲーム「うみねこのなく頃に(うみねこのなくころに)」、略称は「うみねこ」。
」に集中しています。原因は何ですか?
うみねこはまだ未完結作品ですので、色々可能性があります。可能性があるから、描きやすいのかもしれません。刀語

西尾維新のライトノベル作品。「刀を使わない剣士」と、それぞれある1つの能力に特化した12本の「変体刀」と呼ばれる刀を持った者たちの戦いを描く。
も描きたいですよ。否定姫

アニメ「刀語」に登場したキャラ。尾張幕府直轄内部監察所総監督。とがめの宿敵。本名不承。自分も含めて誰彼かまわず、ありとあらゆることをただ否定するのでこう呼ばれ、住居も「否定屋敷」と呼ばれる。背が高く、青い目に金髪という日本人には有り得ない外見を持つ。炎刀「銃」を所有しており、他の完成形変体刀のそれぞれの特性、能力についてもある程度知っている。
とか描きたいです。

 

◆うみねこの4コマで、貴方は「ヱリバト
ヱリカXバトラのことです。
」を設定します。なぜですか?
たぶんヱリカの登場がインパクト強くてこうなっちゃったんだと思います。金田一少年の事件簿

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ主人公・金田一一(きんだいち はじめ)が、幼馴染・七瀬美雪(ななせ みゆき)や親友・警部剣持勇、ライバル・警視明智健悟らと共に、遭遇する難事件を、祖父譲りの抜群の推理力で次々と解決して行く。
とか名探偵コナン

謎の組織によって体を小さくされた高校生探偵が、数々の難解な事件を解決していくさまを描いた推理漫画。多くの登場人物の間に絡ませた恋愛描写もあり、幅広い年代に読まれている。
とか、探偵ものが好きなのですが、探偵キャラクターとしてヱリカは新しいと思いました。探偵というアイデンティティが彼女を支えてるんだと思います。一緒に謎解きをしているうちに、次第に仲良くなるような気がしました。

 

◆作品の中、ある変な人物がたまに登場ですね、彼は一体誰ですか?

ポニョ

アニメ「崖の上のポニョ(がけのうえのポニョ)」の主人公。2008年7月19日に東宝による配給で公開されたスタジオジブリ制作の長編アニメーション映画、およびそれの主題歌。宮崎駿による2004年の『ハウルの動く城』に続く4年ぶりの作品。海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳児の少年・宗介の物語。
ですね。女の子です。ふとんが地味だったから、柄として登場させたのです。

 

◆貴方のキャラ設定はとてもいいですね、特にギャグキャラは超爆笑です、読者に腹筋崩壊させますよ!ここで貴方の感想を教えてください。 
最近では、朱志香が気に入っています。尻をつねられながらも感じてしまう悪い妹キャラです。全裸の譲治はゲームを作った時に風呂のシーンから切り替えるのを忘れて登場させてしまったのがきっかけです。

 

◆ここのゲームとはどのゲームですか?

4コマをさかのぼると、いくつかサウンド無しノベルゲームを公開しています。そのうちの一つです。

 

 

◆痒くなるさくたろうに関して、感想を聞かせてください。

気づいた時には掻いてましたね。見た目かわいいキャラクターがこういうこと言うとリアリティが出て面白いかと思いました。

 

◆変態のヱリカについては?

探偵というのは執念深いというか、色々な方向についてエネルギッシュだと思うんですよね。

 

 

◆貴方の作品は偶に「エロや変態要素」がありますね、これら要素について、感想を教えてください。 
描いているうちにそうなってるんですね。特に意識はしていないです。多分最初のころは結構真面目にひぐらしの4コマ描いていたと思うんですよね……読んでいる漫画の影響も大きいかもしれません。「こえでおしごと!

紺野あずれによる日本の漫画作品。女子高生がアダルトゲーム(作中では「エロゲー」と表現している)の声優をするという内容の漫画。これまで成人向け漫画を執筆していた紺野が初めて手がけた一般向け漫画雑誌連載作品である。
」とか。

 

◆特別な方向に進むのは、これが原因ですね。

Pixiv全体がそういったものを受け入れているというのも一因だと思います。4コマだと限界があるので別の形で何か長いものを書きたいですね。

 


「漫画」


 

◆貴方も数ページの漫画を投稿して、皆さんに優秀なストーリーを示しましたね、実に素晴らしい。漫画「パパの魔法」、ではバトラと楼座がペアになります。なぜこの着想に至りましたか?
楼座さんは癒し系常識人なので、何か主役として描きたかったんですね。おばさんだともちろん結婚は不可能ですので、だから一日くらい真里亞のパパになったらどうかなと。デルゼニーランドに行くとか言ってたから、どうせなら皆で行く話にしようと思いました。

 

◆漫画「あなたと一緒に食べたかったの」では会話が全くありません。とても特別ですね。これに関して、感想を教えてください。 
八城先生が大好きなので、ベルン達と仲良くする話を描こうと思いました。そんなに複雑な話じゃないので、会話は必要ないと判断しました。絵本っぽくなるかと思ったのです。

 

◆ギャグがありませんけど、なかなか感動的な内容ですね。

私はどちらかというと会話の多い漫画を描くので、Angel Beats!

死後の世界の学園を舞台にした青春ドラマ。通常なら死ぬような行動を取っても死なない特殊な設定になっている。テストや球技大会・学食での食事などの日常的で平和な学園生活と、銃火器や刀剣を用いて天使と戦う非日常的な生活、そして登場人物の送った生前の理不尽な人生、この三者が同時に描かれており、作品の特色となっている。
でもそんなの(「虹色の世界」)描いたかと思います。

 


「最後」


 

◆最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

本当に多くの方に読んで頂いて嬉しく思います。10月31日は横浜の即売会、11月28日はひぐらしのつどいに参加しますので、よろしくお願いします。

 

◆Rifyu様お疲れ様です、ありがとうございます。

 

おまけ
Highslide JS Highslide JS
1冊目の同人誌の8ページ目  1冊目の同人誌の17ページ目
現在は2冊目の制作中、お楽しみに