×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

絵師紹介:Geister様


 

 

 

名前 Geister
ホームページ 《G品》
http://geister.me/
id=47527
使用アプリ SAI、Photoshop

 

Geister、ドイツ語「幽霊、お化け」という意味、虚と実を所有するの生命体。そして、Geister様の作品も同じ、幻想と現実の特質を所有するなので、両方の利点を持って、躍如として描かれています。Geister様の得意テーマは人物です。油絵スタイルを使って、写実的な光と影、および実物そっくりの皮膚質感を創りました。手、あるいは脚を交差させて、見事な立体感を読者に見せた。Geister様は多作する絵師じゃないけど、どの作品でも大変素晴らしい表現を持って、どう見ても飽きなくて、相当なイメージを所有します。

 

この紹介文はもともと中国語で書きました、そして私が日本語に翻訳します。言葉使いは変です、すみません。


作品紹介

 


作品「咲夜さんの下着姿」


 

これは模写(註)の作品です。咲夜さんが服を脱ぎ捨てて、挑発的な姿勢を構えて、怠惰な眼で読者に見えています。寝具の皺やボディーラインや光や影、どの部分でも、Geister様が完璧で彼らを表現させて、個人特色も調和して、原作より優秀なイメージを創造しました。

咲夜さんの両手が額の前に軽く握って、優れた立体感を作った。ちょっとだけ開いた口が何か言いたいみたい、読者に多く想像を与える。腹の部分は作品の真ん中になる、骨盤と肋骨とへその周り、Geister様が一生懸命に描きした原因で、皮膚質感、筋肉の形、わずかの細部でも完璧で示して、中央の重要性を発揮させた。下半身の格好に関して、右膝と左大腿が僅かに重なり合う、視覚に刺激して、立派な立体感覚もある、真に迫った姿勢です。ちょっと変ですが、実は目の錯覚、普段私たちこの角度で人に観察しないだからです。

Pixivの中に、タグ「咲夜」を付けているの作品に関して、これは一番多く閲覧数を持っている作品です、今まで三十四万に越えました。褒める言葉もう必要ない、これは既に褒めるの代名詞です。  

註:模写の意味は「他者の作品を忠実に再現し、あるいはその作風を写し取ることでその作者の意図を体感・理解する為の手段」です、トレスと転写ではありません。

 


作品「紫さんの憂鬱」


 

 
八雲紫がベッドで横になる、左目が読者に観察して、身体はただ帽子とストッキングしか着ている。彼女の体は優秀な表現を持ちます。肩甲骨の形、そして脊柱の曲がり、自然に披露しました。これ等だけではなく、背と腰、両部分の輪郭を偽りなく展示します。まるて漢字「入」みたいな姿勢、そしてしわの色塗り、このような柔らかい印象になる曲線を配置した構図、軟らかい女体を展示しました。読者はただ彼女の左顔しか見ません、さらに影に隠して、金色の瞳に加えて、彼女に神秘の雰囲気で覆いをする。

作品の色調は主に紫色を使って、八雲紫の名前を応じて、彼女の優雅を強調しました。一つ電気(?)スタンドが右にあります、この辺の空っぽを埋める。光が枕と彼女の背に照って、実物そっくりな感覚を創造して、皮膚、及びストッキングの外見を強化します。ベッドと枕のしわが素晴らしい、まるで写真みたいなリアリティー、間接的で彼女の存在感を引き立たせます。

これはGeister様もう一つPixiv閲覧数三十万に越えた作品です。

 


インタビュー

日付:2010/05/10


 

vermilion: 貴方のPN「Geister」の由来を教えてください。

 

Geister様: この名前は随分前から使えてします。当時はただ「格好いいね」という発想ですけどね。もし私は他の場所でIDを作るなら、同じくGeister様を作ります。既に誰がこのIDを使ったら、後ろに他の文字を付けています。

 

vermilion: 貴方がSAIとPhotoshopを使います、この理由を教えてくれませんか。

 

Geister様: Photoshopは全般的なツール、描くの基準ツール一つ。そして私は最初から使ったのツールはPhotoshop、彼に棄てきれません。確かにPhotoshopは欠点があります:線タッチは悪いとか、入力法に影響されとか、効率は最悪とか、でも描く機能がいっぱい持って、そしてレイヤ管理は便利だから、彼に必要欠くべからざる存在された。Photoshopに比べると、SAIは軽くて、線タッチはいいって、円滑に使えています。ラフと色塗りについて、SAIはPhotoshopより便利です。SAIの欠点は機能少ない、円に描くっても不便。以上の原因で、私はSAIとPhotoshopを同時で使って、互いに補い合うの関係です。

 

vermilion: 貴方が一番好きなキャラは誰ですか?

 

Geister様: 十六夜咲夜です、この前、とある同人本を見ると、この綺麗なメイド長を好きになりました。

 

 

 

vermilion: 貴方のテーマは主に東方です、なぜですか?

 

Geister様: 最初に東方と接触しているのは「東方萃夢想」。ゲーム設定はなかなか優秀なので、私に魅了した。その後、私も他の東方ゲームを接触して、ますます東方を好きになりました。東方のテーマは自由です、どんな描くでもいい。限られない設定だからこそ、自分で可能性を創造することができます、これは東方テーマ最大の有利点。

 

vermilion: 人物の描き方に関して、重要な点は「体の形」「筋肉」「光と影」。貴方はこの方面にどこ感想を持ちますか?

 

Geister様: 簡単だ、素描と水彩の基礎をもって、いっぱい練習します、これだけだ。簡単に言っても、これは難しいくて、面倒なことです。解剖の知識とは、私は全然分かりません、直接で描く練習しよう。私が描くのものは「画」です、「写真」ではない。体の結構とか透視とか、本気で気にしする必要はない。とにかく、結論はいっぱい練習します。

 

vermilion: 貴方の色塗りスタイルは特別です、油絵みたい。なんてこのスタイルを選ぶのか?

 

Geister様: このスタイルはいっぱい挑戦があります、私に気に入った。もし精一杯に描けないなら、作品は見苦しいになります。そして、もし私は困難を越えることが出来るなら、自分の可能性が完全に発揮することもできる。自分の限界はどの程度ですか、これを挑め、ただこれだけの理由です。

 

 

 

vermilion: わずかの作品の中、人物の部位は端で「切った」。なぜこうしますか?

 

Geister様: 構図のためです。もし全身で画布に入れたら、構図の均衡を壊れます。

 

vermilion: 貴方の描く原則はなんですか?

 

Geister様: 表現の形を制限されたくないです。だから、私がスタイルを指名されるのことを嫌いです。

 

vermilion: 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

 

Geister様: もし良ければ、私の作品を応援してください。自分は挑戦と挑めることを好きです、私に応援するなら、やる気満々で作品を作る、これは一番励ますこと。もし、誰が私の作品を見ると、描く気が出るなら、これが私の幸せです。

 

vermilion: Geister様お疲れ様です、ありがとうございます。